八方美人ママの日常

30代主婦がイラストを挟みつつ、子育て情報や趣味を綴るブログ

【4歳・5歳】絵本嫌いな男の子におすすめの絵本10選!

こんにちは。4歳男児のママ、青です。

幼児教育に欠かせない絵本。子供にはたくさんの絵本を読んでほしいですよね。

【4歳〜5歳 男の子】絵本が嫌いな子でも楽しめる絵本10選!!

「うちの子、絵本が好きじゃないみたい・・・」

そんなママのために、絵本嫌いな子でも楽しめる絵本を紹介します。

もう4.5歳だし、ママとしては文字の多い絵本を読んでほしくなりますよね。

でもまずは「見ているだけでも楽しめる」ものを選んで、絵本に興味を持ってもらいましょう。

f:id:aomamadiary:20201124114916j:plain

 

笑える面白い絵本

4〜5歳の男の子は面白いことが大好き!いつもくだらないことで笑っていませんか!?

ママには何がそんなに面白いのか分からないよ・・・

 そんな男子にオススメの絵本がこちらです。

1.「パンダ銭湯」
パンダ銭湯 

パンダだけが入れるパンダ銭湯。お風呂に入る前に、まず洋服を脱ぎます?

ん?その黒い部分って洋服だったの!?パンダの知られざる秘密が明らかに!! 

2.「うんちしたのはだれよ!」
うんち したのは だれよ!

ある日、もぐらくんの頭の上にウンチがポトリ!「誰だ、僕の頭にウンチなんかしたやつは?」もぐらくんは犯人探しに出かけます。

色々な動物のウンチが出てきて、しかも排泄音がまたリアル!!「ボトンボトン」「ゴロンゴロン」「ピュルッ」

男の子ってウンチ好きですよね・・・

3.「もうぬげない」
もう ぬげない

お風呂に入ろうとしてお洋服を脱ごうとしたら、脱げなくなちゃった!!

「ぼくはこのままおとなに なるのかな」どうにかして脱ごうとするのかと思いきや、そのまま生きていくことを決意!?

ヨシタケシンスケさんの絵本はどれもとても面白いですね。 

4.「ねえ、どれがいい?」
ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

「ねえ、どれがいい?」と何択かの質問をされるのですが、選ぶのが結構難しいんです。

だって「赤ちゃんに頭からジャムをかけられるのと、清掃のおじさんに頭から水をかけられるのと、犬に引っ張られて泥んこになるの」ですよ。

「うーん・・・全部いや!!でも選ばなきゃいけないなら、せめて水かな。」と親子で楽しく読めます。

好奇心をくすぐる絵本

男の子は好奇心も旺盛ですよね。探検や宝探しの絵本はいかがですか?

5.「100かいだてのいえ」
100かいだてのいえ

100階だての家に住んでいる誰かから「あそびにきてください」と手紙をもらったトチ君。

行ってみると、10階ごとに違う生き物が住んでいました。描写がとても細かく、お部屋の様子をみるだけで楽しめます。

そして、ついにたどり着いた100階にいたのは!?

6.「アブナイかえりみち」
アブナイかえりみち (ほるぷ創作絵本)

学校の帰り道、「ほうかごスペシャル探検隊」が目的地目指して出発!!ザ・男子の世界観です。

息子もよく見えない何かと戦っているけど、男子にはこんな風に見えているのかも!?

7.「ミッケ!」
ポケット版 I SPY ミッケ!

ジオラマ写真の中に隠されているものを探していく、かくれんぼ絵本です。

ゲーム感覚で読め、夢中になること間違いなし!シリーズ累計885万部の大人気絵本です。

8.「ポケモンのしま」
ポケモンのしま

ポケモン好きならこれに決定!でもこれ本家のポケモンの絵とは違います。

ザ・キャビンカンパニーという絵本作家ユニットのお二人が描いているらしいのですが、すごく魅力的な絵なんです。

ある日、小さな舟に乗ってポケモンの島へやってきた男の子、ゆめたくん。ポケモンたちと仲良くなって、毎日みんなで楽しい時間を過ごします。

でも月日は流れ、ゆめたくんは大きくなり、ついにさよならがやってきて・・・

9.「ブラックライトでさがせ! 妖怪探偵修業中  」
ブラックライトでさがせ!  妖怪探偵修業中

男の子って妖怪が好きですよね。これは付属のブラックライトを使って、隠れている妖怪を探す絵本です。

文字はないですが、絵がとても細かいので長時間集中して読めますよ。

 ※↑ブラックライト別売りverです。

 謎解き絵本

10.「おしりたんてい」シリーズ
おしりたんてい (単行本)

子供に大人気のおしり探偵。

NHKでアニメを放送しているので、知っている方も多いのではないでしょうか?

見て分かるように顔がおしりのような形をしています。彼がどんな事件もププッと解決していくお話です。

犯人を捕まえる時の必殺技は「失礼こかせていただきます」といい、口から臭いおならを放ちみんな動けなくするんですよ!

最初は「えー!下品!!」と思いましたが、こういうノリ男の子は大好きですよね。

もちろんこういった設定も男の子の心を鷲掴みですが、絵本の中に出てくる問題がまた面白い。

ただママが読み聞かせをするだけではなく、迷路や謎解きをしながら一緒に事件を解決していきます。

色々なシリーズが出ていますよ↓

 

気になる絵本はありましたか?

「本を読みなさい!」と強制すると、子供は益々嫌になってしまいます。

オススメはリビングに子供用の本棚を置くこと!

いつも自然に絵本が目に入り、気が向いた時に手に取れる場所にあると本に触れる機会が増えますよ。

まずは見ているだけでも楽しい絵本を選び、興味が出てきたら色々な絵本を読んでみてくださいね。